読書メモ:雑談力をあげる話し方
気負わず雑談ネタを増やしていく方法

■まとめ
雑談の5つのルール
①「中身がない」ことに意味がある
②「あいさつ+α」でできている
③「結論」はいらない
④サクッと切り上げる
⑤訓練すれば誰でもうまくなる
-議論ではないので、一つのトピックや話題を深堀りしないで、垂直方向ではなく水平方向を目指す。 サッカーでいえば、「スペース」にボールを放り込むイメージ。

-また、きっかけ作りとして、(以前に話した共通ネタをメモしておき)相手の鉄板ネタは、引き出せるような準備、工夫する必要はある

■トークや会話術とは違う、雑談の5つのルール
①「中身がない」ことに意味がある
会話には「要件を伝える話」「それ以外の話」がある
雑談は「それ以外の話」で要件はいらない
同じ空気を共有するための場を作るためにあるのが雑談
②「あいさつ+α」でできている
あいさつは雑談のための絶好きっかけであるが雑談ではない
あいさつ+αの言葉があれば雑談は広がる
③「結論」はいらない
結論・反論が出るのは雑談でなく議論ということになる
話題にまとまりや一貫性なんていらない
オチや結論を出さずにいかに話題を変えていくか
雑談をサッカーで例えると、ゴールを求めてシュートを打ってはダメで
パス回しが重要(笑)
④サクッと切り上げる
結論はいらないけれど、サッと終わらせるのがいい雑談
「それでは」「じゃあ」がキラーフレーズ
⑤訓練すれば誰でもうまくなる
雑談がうまい=話がうまいではない、話術やトーク術ではない
間が持てる人や話を聞いて欲しくなる人が雑談がうまい人
■雑談の基本マナー
・一問→一答ではなく、一問→二答+一問以上がルール
-悪い例:「スポーツしていた?」
→「いや、していません」
の一問→一答では、拒絶と思われNG 

-良い例:「スポーツしていた?」
→「いやしてませんですけど、健康のことを考えて、これからなにかやろうと思っています。○○さんはしてましたか?」と相手に返すこの一言があるだけでちょっとした雑談になる

・話題を深堀りしない・・・垂直方向ではなく水平方向を目指す
連想が連想を呼ぶ、サッカーでいえば、「スペース」にボールを放り込むイメージ
・相手にひたすら質問する
-自分よりも相手に主導権を握らせるほうが盛り上がる
聞き手に徹するほうがうまくいく。何でもいいから思いついたことを返してみる
・見えているところをほめる
・悩んだら、とりあえず見えている部分をほめる(ネクタイが似合っているなど)
・ほめることで相手を受け入れましたというメッセージになる
・ほめた内容ではなく、ほめる行為そのものに意味がある
(ネクタイの趣味が悪くても気にしない)
■雑談力の鍛え方・ネタの仕入れ方
・雑談の練習相手に最適なのは、赤ちゃん、ワンちゃん、オバちゃん
・目の前の相手の「見えているところ」をほめている。
極論すれば、何でもほめりゃいい。
・机とコーヒーカップがあるだけで、一気に話しやすくなる。
コーヒー1杯で何時間もおしゃべりする。
軽くお茶してサッと出ようと思っても、ついつい時を忘れて話し込んでしまう。昔も今も、喫茶店は雑談のメッカ。雑談ゲームをできる環境を作る
・ベストタイムは、すれ違いざまの30秒。
私たちに求められるのは「ササッと出会って、サクっと20、30秒話して、パッと別れる」という雑談スタイル。
・今が旬のリアルタイムな話題は、仕入れたらすぐ使う。
旬であればあるほど、その情報だけで盛り上がる雑談ネタになる。
・誰々が言っていた話も、有効なネタになる。
雑談が上手な人は、拝借したネタの伝言が上手。
テレビ番組で一緒になるビートたけしさんは、これがうまい。
たけしさんはカメラが回っていないときもすごく面白い。楽屋にいるときはさらに話がおもしろい。
表でも裏でも、周囲を常に楽しませている。彼はスタジオ入りするとオンエアまで10秒前ぐらいまで、ずっと雑談している。
特によく語られるフレーズがこれ
「いやいや、こないだ聞いた話なんだけどさ・・・」
「これ、・・・が言っていたんだよ・・」
いかに、人のネタを自分のネタのように行っていくか、、逆に言うと人の話をちゃんときいて
それをどうアレンジし、次のタイミングでどう使うかを、考えられている証
・雑談上手な人は、人間関係における間口が広いということ。
ビジネスにおいて「ニュートラル雑談力」は最強の武器
■雑談の鍛え方&ネタの仕入れ方
・相手とのフックを見つける
会社のアドレス帳の備考欄に、
その人の一言から興味ありそうなことをメモする習慣(ちょっとだけでも気にかけること、その人の鉄板はなんだ?)→抽象的なことではなくなるべく具体的なことを「犬好きより、パピヨン好き」

・タクシーは雑談ネタの仕入れと練習ができる場所
・駅やコンビニで手に入るスポーツ新聞は万能
・1ネタ知って10ネタ広げる方法
一つのネタから枝葉を伸ばして、別ネタを引き出す方法もある

コメント

タイトルとURLをコピーしました