01.読書記録

01.読書記録

読書メモ:雑談力をあげる話し方
気負わず雑談ネタを増やしていく方法

雑談力をあげる話し方 齋藤孝 ■まとめ 雑談の5つのルール ①「中身がない」ことに意味がある ②「あいさつ+α」でできている ③「結論」はいらない ④サクッと切り上げる ⑤訓練すれば誰でもうまくなる -議論ではないので、...
01.読書記録

読書メモ:日本史集中講義(4章)
黒船来航が持つ本当の意味とは

黒船の登場が、この安全な国という意識を変えてしまった。海に囲まれているからゆえにどこからでも上陸できるようになったため一番危険な国になってしまった。 そのようなことを黒船来航前に予見していた人々(オランダ含め)はいたが、幕府威厳のせいでその海防の強化などの対策はとられなかった。
01.読書記録

読書メモ:OUTPUT大全
アウトプットのやり方を変えて吸収力をアップしよう

ほとんどの人が逆なのだが、インプットとアウトプットの比率が、3:7ぐらいになるよう意識する。 インプットは「脳内世界」が変化するだけ。アウトプットして、初めて「現実世界」を変えることができる 情報の入力から2週間で3回以上アウトプットすると、長期記憶として残りやすくなる (脳科学的には、脳に入力された情報は「海馬」というところに2〜4週間保存される、仮保存期間中に、その情報が何度も使われると、脳はその情報を「重要な情報」と判断し、「側頭葉」の長期記憶に移動する)
01.読書記録

日本史集中講義#2(3章) 読書メモ

著者:井沢元彦 内容説明 結果が原因を生み、それがまた結果を生む。歴史は点と点の繋がりで見なければならない― 教科書では、本当の歴史はわからない。井沢史観のエッセンスを凝縮!聖徳太子から第2次世界大戦まで、1冊で、日本史が一気...
01.読書記録

日本史集中講義#1(1,2章);十七条憲法の真実

日本史集中講義の読書記録; 結果が原因を生み、それがまた結果を生む。歴史は点と点の繋がりで見なければならない― 教科書では、本当の歴史はわからない。井沢史観のエッセンスを凝縮!聖徳太子から第2次世界大戦まで、1冊で、日本史が一気にわかる。
タイトルとURLをコピーしました