「本を軸としたくつろげる空間とワーキングスペースを提供するコモンリビングをコンセプトにしたサービス」TSUTAYA BOOK apartment

居場所作りの参考に TSUTAYA BOOK apartment(新宿)に
にグルーポンをつかってかなりお安く見学に来ました。

GROUPON
【B】終日利用可能(月~木限定) / 6時間パック+個室(ブース)利用料金
3,564円⇒980円(73% OFF)

さしずめ、スタイリッシュな高級漫画喫茶といった感じ。
こういうところでは、ノマドの方々はテンション上がりぱなしになるんでしょうか

一人で本読みという観点では、かなり集中できるのですが、
さすがTSUTAYAということで、楽しげな本をこれでもかと工夫して配置してあるのでいろいろ迷うばかり。
普通の漫画喫茶もそうだけど、正直、5,6時間いたとしても読めても2,3冊でしょう~。

与えられた個室(ブース)は気兼ねなく寝転ぶことができるし、電源と机が兼ね備えているので
パソコンを使うことができるものの、ちょっと狭くて腰が痛くなってしまいそうだなという感じ。

それと、グランピングスペースには
カップルがイチャついているので煩悩は増えるばかり。

まあ、当人たちは楽しくてよいでしょうね。このスペースは

<総論>
このようなコモンリビングというスペースを作り上げるTSUTAYAはさすが。

24時間オープンしていて、シャワーも完備しているため、
海外の旅行客や終電を逃した人にもうってつけな快適な空間になるでしょう。

ここで過ごす人同士の交流を図れるイベントがあれば、ますます引き付ける場所になるかなーと思うし
こういう場所が与えられたときに、そういうコンテンツをどう作っていくか、まさに我々の課題だと思います(笑)